The procedures  the Hague Convention
最近の解決事例 裁判外紛争解決手続の認証制度(かいけつサポート) お問い合わせ

当センターへのリンクバナーをご利用の方は、下記バナーをクリックして、必要なバナーサイズをお選びください。

公益社団法人 民間総合調停センター

手続の流れ

手続の内容は?

「和解あっせん」「仲裁」という、2つの手続があります。

 1.和解あっせん手続とは、
和解あっせん人が当事者の言い分を十分に聴取し、その利害調整をしたり、解決案の提示を行ったりすることを通じて、紛争解決についての合意、
すなわち、和解を成立させることを目的とする手続です。
2.仲裁手続とは、
民事紛争の解決を仲裁判断によって行うもので、当事者の仲裁合意に基づき仲裁廷(※)が判決に代わる判断をする手続です。
※仲裁廷・・・仲裁手続を審理し、仲裁判断をする機

どちらの手続も非公開で行われますので紛争の内容が外部に漏れる心配はありません。


画像をクリックすると拡大します。